溺れる鈴木

毎日に溺れている。明るく楽しく。

自虐を含んだ笑いは、懺悔と贖罪に似ていると思う。

名言っぽく言ってしまったが、ただ、自分の恥ずかしい部分を周りに認めて欲しい、これで間違ってないんだ、と思いたいだけなのかも知れない。

 

31年生きてきて、これまでの自分を振り返ると、黒歴史はたくさんあるな、と思う事が最近多々ある。

その度に「俺って痛いやつなんじゃないか?」という不安と恥ずかしさで、ああもう、穴があったら入りたい、寧ろ山奥の寺にでも出家して、悟りを開いてしまいたい、自然との対話だ、などと、下手の考えを巡らせ、なにか手っ取り早く安心できる方法はないかしら、と携帯をいじってるうちに缶ビールを一本飲み干し、気が付くと夢の中に吸い込まれているのである。

 

思えば、今まで何かを成し遂げた、やり遂げた、と感じた事は未だない。いつも満足なんか出来なかった。自分はもっと優れた人間だ、人より優れている、なんて、心どこかで思っていたのかもしれない。その自分に対する誇大妄想が、今までの黒歴史を作り上げていたのだろうと、今になって思えるようになった。

代表的な黒歴史として

「俺ウイスキー詳しいぜ発言」

恥ずかしいので要点のみ話すと

・バーで漫画やネットや、本当に詳しい知人の受け売りで、何も知らない後輩にあたかも自分の知識のように話す

・そもそも酒弱い

・無理して色んな種類飲む

・ベロンベロンになり、介抱される

・次の日、「俺いつもあんな感じなんだぜ」的な、破天荒アピール

 

ああ、出家したい…痛すぎる……

 

もし、タイムマシンがあるなら、その薄っぺらいドヤ顔をさらす前に後ろから硬めの棒かなんかで思いきりひっぱたいて、お前はこれでも飲んでろと、カルアミルクでもぶっかけてやりたい。

 

でもこうやって、恥ずかしい話をさらしていくことで、人との距離を縮められるなら、それはきっと素敵な事ではないかと思う。あと、最初に言ってしまえば取り繕う必要が無くなる、という副作用もなかなか良い。

 

とはいえ、ずっと音楽にだけはしがみついてきた。これからもそうすると思う。

 

「等身大の歌詞!共感の声!」みたいなキャッチフレーズが付くような曲は作れないだろうけど、腹の中に溜まった悔恨や、憤怒や、哀しみや、諦めや、希望の残滓をこれからは歌って行きたいものです。

 

 

 

 

 

sing,sing,sing

昨日まで体調がひどく悪かった。

悪夢、ふたたび。吐き気と下痢が交互に襲いかかってくる、例のアレ(ノロウイルス)か、と思いきや、1日程度で収まったのでそこまでひどいものではなかったようだ。

 

しかし昨日は散々だった。ここからは汚い話になるので注意されたし。

朝からほぼ水のような大便を現場のトイレで巻き散らかし、後の迷惑にならんように綺麗に掃除し、仕事に戻り、下を向いた瞬間に吐き気をもよおし、トイレに駆け込み、自分から発せられたはずの汚物のにほひでダムが決壊し、酸性の汚物を巻き散らかし、掃除をし、仕事に戻り、腹痛を感じ、、、とここからは無限ループになるのだが。

 

絶望ってのはこういうことなんだろうな、とすっかり意気消沈しているところに、塗料が顔に落ちてきて、某ジブ○作品に出てくる、山犬の姫のような、中途半端な隈取りのような状態になってしまった。

 

ここまでツラい状態は滅多にない、寧ろレアな状況を楽しもう、と自分に言い聞かせ、勢いまかせにエイヤ、と16kgの塗料が入った一斗缶を持ち上げたところ、尻の辺りと、みぞおちに強いエネルギー反応を感じ、俺はその場に崩れ落ちたのだった。

そのままトイレに直行し、その後もいったり来たりを繰返し、心ない人が給料泥棒などと罵声を浴びせてきたような気もするが、そんな輩に一瞥をくれて、俺は颯爽とトイレに帰っていくのであった。

何度もトイレから鬼気迫る表情で這い出てくる俺を見て、現場監督はさぞ恐ろしかったろう。なにせ、顔は隈取り、目は血走り、半ば執り憑かれたような様相で、仕事を続けるこの男は一体何者なのか、食うに困って低賃金でこき使われている半畜野郎なのではなかろうか。可哀想だから昼飯でも奢ってやろうか、などと思っていたかもしれない。

 

そんなことより、俺は1日を生きるのに必死だった。

 

宿に戻り、飯も食わず、ただただ水分を取り、眠り、翌日には嘘のように元気になった。

 

塗装屋にはどうしても「待ち」の時間がある。ただの体調崩した話をここまで長く伸ばす位の暇が、ある。

 

最後まで読んでくれた人が健康でありますように。

 

ブログ、はじめました。


中華料理屋の夏の風物詩みたいだな、と思いながら、ブログを始めてみたけれど、どんなことを書いていこうか、と悩んでいる。

じゃあなぜブログなんか始めたのか、読んでいるこっちの身にもなれ、時間を返せ、ハゲデブ、チビ、と怒号が飛んで来そうだが、どうか落ち着いていただきたい。

 
f:id:dawdler85:20180220014817j:image

理由が無いわけではない。自分はバンドをやっているのだけれど、ライブはもうしばらくやっていない。バンドをやっていない人にとっては「別にええやん」位の感想しか持たれなさそうだが、例えばインドカレーが好きなのに、ずっとレトルトで我慢してるような、そんな気持ちである。現地の熱気、本場でしか感じられないスパイスのかほり…。ドヤ顔で本式では手で食うんだぞみたいな事を言いたい気持ち、あるでしょう?

そういうことで、フラストレーションは溜まっていく一方だし、なにかアウトプットする方法はないかしらということで、ブログを始めることにした。言葉の使い方のリハビリも兼ねて。

 

というわけで、長ったらしく言い訳してきたが、次からは日常を3割増しくらい面白おかしく書いていけたら、と思う。面白くなければ読んでくれなくても大丈夫ですが、誹謗中傷などはやめてください。メンタルが豆腐並に弱いので。何卒。